保険診療でのニキビ治療はおススメ出来ない?

保険診療でのニキビ治療がダメというわけではないですが、根治が難しいと言われています。根治を目指すならアグネスがおすすめです。

保険診療でのニキビ治療はおススメ出来ない?

ニキビは青春のシンボルと言われているためか、病院に行って治療をするという認識があまりないようです。

しかし病院で治療を受ければ、セルフケアよりもはるかに良い効果がみられます。

しかし、保険診療でのニキビ治療はあまり効果がないとも言われているのですが本当なのでしょうか。

【保険診療で行われる治療】

保険診療で行われるニキビ治療には、抗生物質やそれ以外の塗り薬、飲み薬の処方、面皰圧出、ステロイドを直接患部に注射する方法などがあります。

一般的に塗り薬と飲み薬の処方と面皰圧出が行われます。

ステロイドの注射は、かなり重症のニキビの場合にのみ行われるようです。

【保険診療で治る人も】

どんな病気でもそうですが、放置しておいて症状がひどくなってから慌てて病院に行ったら治るのに時間がかかったり、最悪の場合治らないということがありますよね。

ニキビも同じことで、早めに病院に行けば保険診療の範囲内で治すことができます。

保険診療で治れば、治療費もそれほどかかりませんし良いですよね。

【根治は難しいかも】

保険診療でのニキビ治療は、一時的に良くなっても再発する恐れがあります。

肌表面に現れているニキビに対しての治療になるので、根本治療にはならないのです。

そのため、効果がないと言われているようですが、保険診療での治療が悪いというわけではありません。

ただ、根治を願うのであれば、美容皮膚科でのアグネスという治療がおすすめです。

アグネスは微細絶縁針でニキビ一つ一つの皮脂腺を破壊してしまうのでほとんど再発しないと言われています。